私のこれまでの人生は解像度の進化と共にあった。一番古くはレゴなどのブロック遊び。ゲーム機は成長につれ鮮明になり、最新の映像はピクセルを視認することさえ難しい。


 情報が溢れかえる現代において少ない情報で表現されたデジタルイメージは、在りし日への懐かしさと同時に必要なもの以外を削ぎ落とす日本的なミニマリズムを感じさせる。

日本画は粒子の集積で描画される極めてラスター的な技法材料であり、デジタルイメージと高い親和性を持っている。現実に出力したときに起こるデジタルとアナログの関係性や、日本画という形式の可能性について考察を続けている

髙橋 健太

 

1996 宮崎県生まれ

2015 愛知県立旭丘高校 卒業

2017 東京藝術大学絵画科日本画専攻 入学

現在 東京藝術大学絵画科日本画専攻4年

主な展示歴

見参2017

アートパレード

地点

東京百景

アートアートアート

​見参2018

藝大アーツイン丸の内

アートパレード

ATOM ART AWARD 2018 

個展  『SAVE NOW』

MIND THE  GAP

rabbit hole peeps

受賞

ATOM ART AWARD 2018 グランプリ

東京藝術大学 安宅賞

 

E-mail    kenta08130921@icloud.com

instaglam   mjkenta0813

Twitter  taka_ken_0813